スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

父の死去

カテゴリー: 日記

平成18年7月28日21時17分
享年61歳、福岡市内の病院で息を引き取りました。

1月初に体調を崩し、向かった病院で倒れました。いわゆる多臓器不全による「急性憎悪」です。ここ2日がヤマだと言われました。心臓、肝臓、腎臓、肺の不全です。

ヤマは超え、完全に乗り越えたと思われたのですが、検査の結果分かったのは、「間質性肺炎」です。10万人に数人と言われている国が認定している難病です。その時、初めて聞きました。
それから、インターネットや本でいろいろと調べましたが、難病と言われているだけあって、治療法が見つかっていないんです。それも、かなりの重症の方らしいです。

この時点で父の肺は20%しか機能していませんでした。酸素マスクで酸素吸入をしていないと血中酸素濃度が70%程度まで下がってしまうんです。高山病が続いている状態ですね。(健康な人であれば、90%後半は確実で全速力で走った後でも90%程度らしいです)ただ、酸素ボンベがあればなんとか自宅療養はできると思っていました。

それから間もなく、肺がんが見つかりました。

先月にお見舞いに行ったとき、先生から余命を告知されました。「長くて3ヶ月です」との言葉に耳を疑いました。肺がんが末期でした。家族で本人に告知するかどうか、考えてくれと言われました。1年であれば、迷わず告知したと思います。3ヶ月、それも長くて・・・家族で一週間悩んだ結果、告知することにしました。今でも、それが正しかったのか分かりません。

結局、告知から1ヶ月で亡くなりました。亡くなる3日前に「息子達に会いたい」と言っていると母から聞き、居ても立っても居られず、すぐに福岡に発ちました。意識がはっきりしている状態で話ができてよかったです。翌々日の朝、呼吸不全がひどく、モルヒネを打ちました。その日の夜に家族に見守られ、息を引き取りました。

威厳があって、とても厳しい父をうるさく思っている時期もありました。高校生ぐらいになると、何不自由なく育ててくれる父に感謝できるようになりました。社会人になり、家族を持つと、尊敬に変わりました。

1月に入院してからというもの、「仕事人生」だった父が仕事ができなくなり、「孫好き」だった父が孫と遊べなくなり、「自称食通」だった父がおいしいものを食べられなくなりました。その父が最期に「楽しい人生だった」と言いました。

お父さん、ありがとう。ご冥福をお祈りいたします。

あれから10日ほど経ちますが、なかなか立ち直れません。どしても最期の顔が目に浮かびます。

取りとめもなく、書いてしまいました。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

カオです

URL | [ 編集 ] 2006/08/12(土) 12:56:44

お父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

私も3年間入退院を繰り返していた母を昨年亡くしました。
家の母の場合は高齢ということもあり覚悟はしていたつもりですが、それでもとても寂しいものでした。
ましてやまだお若いお父様ですもの、あおパパさんの悲しさ悔しさ
がよく判ります。

せめて最後にお会いできてよかったですね。
私は母の最期に間に合いませんでした。。。。

可愛くて、やさしくて、単純で、学歴はなかったけれど
「生きていく」知恵や努力を知っていた母だったと今更ながら
尊敬の念が芽生えています。
娘の私が言うのもおかしいのですが・・。

新しい家には住んでもらえなかったけれど、私も頑張りますから
あおパパさんもどうか頑張ってくださいね。

ディビット妻

URL | [ 編集 ] 2006/08/13(日) 12:32:58

あおパパさん、辛い体験をされましたね。

親というものは本当にありがたい存在です。

それを親の生前に理解できたあおパパさんは
最高の親孝行をしたと思いますよ。
お父様もあおパパさんのその思いを感じて
きっと嬉しかった事でしょう。

あまり悲しまないでください。

と、言われてもすぐには無理かもしれませんね。

時間と現在の御家族がきっと解決になります。
ゆっくりと傷を癒して下さい。

私も昨年母を亡くしました。
やはり医師からは余命を告げられていて覚悟は
していたのに、亡くなる瞬間は自分の心臓も止まる
かと思うくらいでした。

既に父も亡くしている私には、もう帰るべき故郷を
失った瞬間でもありました。

今は主人を大切に、寄り添いあって生きていこうと
思っています。

お互い頑固者で喧嘩もします(昨夜もぶつかり合った
ばかりです(笑))が、一番大切な存在です。

なんだかあおパパさんの励ましになっていない様な
投稿になってしまいましたが、親を失った悲しみを
共有する者として書かせたいただきました。

また来ますね。



あおぱぱ

URL | [ 編集 ] 2006/08/13(日) 23:39:13

カオさん、ディビット妻さん
本当にありがとうございます。
精神面は強い自信があったのですが、父が亡くなった日の翌々日から左耳で耳鳴りがなり続け、病院に行ったら精神的なものと疲労から来たものだと言われてしまいました。
まだヤル気がでず、フラフラしていますが、そろそろ頑張らないと!

話は変わりますが、家がだいぶできてきました!
引渡し日の8/28までにやること山積みなので、落ち込んでいられません。そろそろ、家のこともアップしようと思いますので、少々お待ちください。

それでは、みなさん頑張りましょう!











管理者にだけ表示を許可する
http://aokun0715.blog26.fc2.com/tb.php/212-7bb44da2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。